サポート業務―医療・福祉・宿泊施設定期報告プラン

 不特定の人や多数の人が利用する特殊建築物はいったん火災などの災害が起こると大惨事になるおそれがあります。このような災害を未然に防止するため一定規模以上の特殊建築物の所有者は、特殊建築物、昇降機及び建築設備を定期的に有資格者に点検してもらい、県や市に報告しなければならない義務があります。
 神力設計は、主に医療施設(病院、診療所)、福祉施設、宿泊施設(旅館又はホテル)を定期報告の書類作成を業務いたします。定期報告の必要な建物の所有者に県又は市より通知があります。
 その際、当社にご相談ください。
 費用については、19床以下の診療所の場合15万円(税抜)を目安にしており、平面図等の資料の有無により費用を算定します。
 見積りは無料となっています。

平成24年度 対象建築物

  • 大分市
    • 病院又は診療所(患者を入院させるための施設を有するもの)
      3階以上の階に患者を入院させるための施設を有するもの、又は床面積500㎡超えるもの
    • 旅館又はホテル
      3階以上の階の床面積100㎡超えるもの又は床面積500㎡超えるもの
  • 別府市
    • 旅館又はホテル
      3階以上の階又は床面積300㎡超えるもの

※他市町村も対応致します。