ブログ

こどもの日はおとなの日

投稿者:花宮亮

 更新を怠っている間に寒さは和らぎ、桜は葉桜になってしまいました。。。

 私の実家では鯉が泳いでいます。「屋根より高い」です。子供の頃はなんとも思いませんでしたが、よく考えると大変なことですね。 (余談ですが、家庭内のヒエラルキーから考えると上から青・赤・紺です。)

 甥の鯉のぼりですが、吹流し以外は私が子供のときに揚げていたものです。両親が大事に保管してくれていました。25年前のものですが、傷みはほとんどありません(すごい!)

 こういうのを見ると、「田舎いいな」と思います。
 ちなみに、私の出勤後に揚げて夕方には下ろすので、私は実物が泳いでいる姿をまだ見ていません
(叔父の私がワクワクする必要もないのですが)

 ただ、この写真を見て少し不安になってきた事があります。

「住宅地にこんな背高のもの、建築基準法的に大丈夫・・・?」

 ということで調べました。

 結論は「問題なし」です。

 掲揚ポール(旗ざお)は建築基準法的に特に制約はありませんでした。(場所によっては航空法で制限される場所もあるそうです)
 これで安心して鯉のぼりを眺めることができそうです。

 子供の頃を思い返してみると、鯉のぼりを見てはしゃいだ記憶があまり有りません。大人が子供の成長を喜ぶ気持ちの方が大きいように感じます。そういう意味では、端午の節句はこどもの日よりもおとな(特に祖父母)の日と言っていいかもしれません。父の日母の日敬老の日もあるのにずるいですねぇ。