ブログ

ポスト大分パルコ

投稿者:花宮亮

長い間大分駅前のアイキャッチだった大分パルコが撤退して1年半以上経ちました。

そして、1年半の間空きビルだった大分パルコビルの今後が決まりつつあるようです。

(個人的には、県立美術館がパルコ跡に出来るとアートでまち興しができて面白いと思っていました)

大分パルコ跡ビル、大分中村病院が取得へ(日本経済新聞web版)

 

パルコ跡という商業的一等地に医療施設ができるというのは、珍しいケースなのではないかと思います。

また、記事に書かれている病院は現在、パルコ跡のある商業エリアではなく、少し離れた公官庁エリアにあります。

医療施設も、都市も、在りようが変わってきているという風にとらえるべきなのでしょう。

では、医療施設ができた場合、通りに面する部分ではどのような空間が展開されるのでしょうか。

このエリアでは賑わいのまちづくりを進めているところなので、にぎわいある通りにおける医療施設の在り方は非常に注目です。