ブログ

フィンランドといえば・・・

投稿者:小島美樹

 フィンランドといえば、アパレル企業のマリメッコ、デザイナーのアルヴァ・アアルト、エーロ・サーリネン、そしてムーミン。

 フィンランドにある「ムーミン美術館」からやってきた展示物が、今夏大分県立美術館(OPAM)にて展示会が開かれており観賞しました。
 ムーミン・・・いろんな情報をみていくと、奥が深そう。子供向けのイメージがありますが、決してそうではなさそうです。実際、文学、美術、哲学などの注目を集める存在になりました。
 今回はインクで描かれた原画が主に展示されており、見応え充分でした。
 かわいさと大人っぽさの両方の顔のあるムーミン世界。

 アルヴァ・アアルトの‘スツール60’の誕生100周年記念してムーミンとのコラボが実現されています。
 アアルトのシンプルデザインにモノクロで描かれたムーミン・・・相性がいい。

 最後に、マリメッコ。
 マリメッコで頭に浮かぶ柄は大きな花柄。マイヤ・イソラ(1927~2001)がデザインを手かけた‘ウニッコ’である。1964年に誕生し、今もなお根強い人気だそうです。雑誌やテレビ等でついつい目に止まります。
 シンプルなデザインだからこそ、飽きないのか。インパクトが強いのか。

 この3つとも、永年愛されているキャラクターやデザイン。誕生までのいろんな蓄積が形になったんだろうな~。

フィンランド画像